クレジットカードポイント活用

賢い利用方法

クレジットカードのポイントを賢く貯める

私が活用しているクレジットカードは、利用金額に応じてポイントが付くようになっています。一か月間に1,000円で1ポイントですので、例えば10,000円利用すれば10ポイント、50,000円ならば50ポイントといった具合です。それで、私はクレジットカードを扱っている店舗で買い物をする時には必ず 、カード払いにしています。それに加えて毎月の色々な支払いもクレジットカードで引き落としてもらうようにしています。その中には、電気代、ガス代、上下水道代、固定電話と携帯電話の利用料金、インターネットの代金、新聞の講読料などがあります。これら毎月必要な出費だけで我が家の場合、50,000円近くになりますので、毎月50ポイント近く貯まります。このポイントはカードの利用料金の支払いに充てることが出来ますので、わずかかもしれませんが、クレジットカード払いにすることで、お得感を感じています。

自営業でのクレジットカードの審査

自営業者がクレジットカードを作ろうとした場合、かなり苦労することになります。クレジットカードの審査においては過去に金融機関を利用したことがなくクレジットヒストリーが付いていない自営業者は、たとえ経営が順調であっても信用されず審査を通過できないケースが多々見受けられます。年収が低かったり赤字経営だったりすると更に審査通過は絶望的になってしまいます。かつてはリボ払い専用カードやデビットカードで形だけ乗り切ったりもしたものですが、最近は自営業者にも作りやすいことをウリにしたクレジットカードも増えてきています。カードの選り好みさえしなければ昔より状況はよくなっていますが、それでもカードの種類と審査基準は慎重に見定める必要がありそうです。

ポイントの使い道を考える

一部のカードでは、ショッピングに利用できるポイントとして使えますが、大半のクレジットカードはそのような使い方が出来ません。決められているサービスを利用することによって、ポイントを利用できる状態にしているのです。何かに交換したり、ポイントを別のポイントに変更するような形で、利用することが多くあります。ポイントの交換をしたことによって、色々なものに交換することが出来るのであれば、それをうまく利用していくことが大事になります。計画を立てて利用したり、どうしても欲しいものがあるなら、それまで溜め続けるようにするなどの方法をしっかり考えてください。適当にポイントを利用しないようにすることも、クレジットカードでは重要です。

番号入力をする際の緊張感

お店で購入する際、普段はクレジットカードで購入することはありません。しかし、大きな買い物をする際はクレジットカードで購入することにしています。ネットではよく使うのに、お店であまりクレジットカードを使わないのはピンパッドを使うことがあるからです。ピンパッドとは暗証番号を入力する機械のことです。たまにしか使わないので、使う際は、暗証番号は合っているだろうかとドキドキさせられます。合っていなくても何か言われるわけではないのですが、やっぱり緊張してしまいます。これが嫌なので、あまり使いません。指紋認証とかで使えるようになると便利なのだけどと思ってしまいます。専用の機器を買うことになるので、お店の負担になるかもしれませんが。

クレジットカード:家族カードというシステムがあって助かりました。

少し前に海外から帰国しました。帰国した後、生活する先が親元から離れていた所だったので、ホテル代を節約するためにも、一日も早く家を借りて、生活を軌道に乗せたいと思っていました。そこで問題になったのが、お金のことです。というのも、海外にいた時に使っていたクレジットカードは引き落としの口座を解約するのに伴い、解約しました。どうしたものかと思っていた時、親が使っているデパートのクレジットカードに、家族カードというシステムがあることを知りました。クレジットカードの利用には審査があります。審査を待っている間に数日が立つかと思うのですが、私は、家族カードを用意してもらったおかげで、時間もお金も無駄にせずに済みました。ただ家族カードには一つ問題があります。家族カードで使った分も、親の口座から引き落とされます。希望れば、家族カードごとに別の引き落とし口座の登録ができて、そこから引き落とせなかった場合に限って、メインのカードの口座から引き落とすというシステムにしてくれたら、更にパーフェクトなるのではないかと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ